上橋菜穂子「鹿の王」

2014年初版発行された上橋菜穂子さんの「鹿の王」を知人からの誕生日プレゼントとして読ませていただきました。 プレゼントされた際、上下巻というページ数がある本書を、とっつきにくいなぁと感じていた印象があります。 本書は、主人公が岩塩鉱に奴隷として捕まっている場面から始まります。読み始めは、世界観がつかみきれず読みづらい印象もありましたが、読み進めるうちに緻密な設定や文章表現がなされており、本当に存在する世界のように感じられるようになっていきました。現実と向き合う主人公たちを取り巻く世界と現状に対して、もど... Read More