こんな男が乱世に勝つ

戦国時代の武将たちの生きざまを描いた本ですが、ピックアップされている武将を見ますと、斉藤道三、松永久秀、織田信長、武田勝頼、安国時恵瓊、石田三成といった最終的には悲劇で終わる武将たちが多いです。 しかしこの本は敗戦分析を述べた本、またはこうやってはいけないよという教訓を述べただけの内容ではなく、最期を迎えるまでの間にいろいろなドラマがあり、また彼らなりの主張や正義感をリアルな描写も交えながら熱く伝える本であります。 織田信長の場合、その人生は華々しく多くの人が知るところでもありますが、一方で一切の迷信等を... Read More