アルジャーノンに花束を

20代のころ会社に勤めていながら、毎日叱られる日々を過ごしていました。 会社では虐められているような気にもなっていたのですが、そんなころ本屋で出会った小説でした。 主人公は知的障害をもっているのですが、ある時、医師から「手術で賢くなることができる」と言われ、本人もそう望んだのでした。 私も会社ではバカ扱いされていましたので、他人事ではありませんでした。 私もそんな手術があれば是非お願いしたいとも思いましたし、努力によって賢くなれるのであればそうなりたいと思っていました。 内容は「経過報告」という客観的視野... Read More