接客道「輝く自分ブランド」で売る極意とはを読んで

私がこの本のしっかりと読もうと感じたのは見開きにある言葉を読んだことがきっかけでした。
そこに書かれていたことを要約すると、接客とは自分自身に魅力を付けなければならないということが書かれていたのです。
つまり、接客するに当たって上手く売る技術を身につけるだけではダメなんだということだと思います。
これを読んでかなりの衝撃を受けました。
いくら技術があっても自分自身に魅力がなければいけないなんてこれまで考えたこともありませんでした。
しかし、逆の立場になってみるとよくわかるのが、売り文句が上手い人には確かに押されてしまうことがありますが、それが信用に繋がっているのかと思うとそうでないこともあります。
ついつい購入してしまっただけで、次に来たら買わないだろうなと思うこともあります。
最初の言葉から感じることが大きかったのですが、この本では接客が自分の人生に繋がるという風に話していることもあり、単なる営業の話の内容で終わらないところがとても魅力的だなと感じました。
主に接客をしている人、またはこれから接客をするであろう人達が興味を持ち購入する可能性が高いと思うのですが、それだけではなくどんな人でも面白く読める良書だと感じています。